ドッグランの使い方

ドッグランに行って自由に走らせたい!
いっぱいお友達を作りたい!
と、ドッグランを利用する飼い主さんは多いと思います。
ドッグランの使い方

こんなお悩み相談がありました。
うちの子は他のワンちゃんが好きすぎて、相手の子に嫌がられて困っています。

どんな風に好きすぎるのか、我が家の愛犬たちと合わせてみました。
様子を見ると、確かにかなり積極的です。
が、それは相手に手を掛けたり、胸を張って威張って近づいています。
どうやら「俺が上だぞー!」と言っているようです。

これは、やらせてはいけない行為ですね。

飼い主さんがお互いに愛犬の年齢を確認しあい、年上の子が先に年下の子のお尻の匂いを嗅ぐと言う犬同士の挨拶をやらせて、飼い主が教えるべきなのです。

こういうことをきちんとしないと、愛犬が何でも「自分で決めないといけないんだ!」と勘違いして自分で上下関係を決めるようになります。

追いかけっこをしているようでもそれは「速く走れるぞ!」と威張っていたり、
「追いついてみろ!」と挑発していたりするのです。
それは、そのうち必ず上下関係を決めることに発展します。

プロレスごっこなどと、取っ組み合いをするのも上下関係を探っています。
これを仲良く遊んでいると勘違いしてやらせていると、いつも他の犬に対して積極的に意思表示をしに行って、散歩でも他の犬を見るとグイグイ引っ張って言ったりして、それが結果嫌がられることになってしまうのです。

相談に来られた飼い主さんには、犬が必ず上下関係をはっきりさせたがること、そして大切なのは犬で言うと「群れ」であり、それは暮らしの中では「家族」であって、他の犬との上下関係ではない。
と言うことをお伝えして、この子が「飼い主さんになんでも決めてもらうんだ。」という気持ちが持てるような関係作りを提案しました。

ドッグランは愛犬をノーリードで一緒に遊べるところであって、犬同士が勝手に遊ぶ所では無いのです。
理想的なのは「遊ぼうよ!」といつも飼い主さんを見て、待っている姿なのです。

犬にも性格があり、積極的な子もいれば、少し距離を置きたい子もいています。

犬同士追いかけっこやプロレスごっこをする犬が社交的で社会性が取れているというのは大間違いで、社会性が取れているというのは、同じ場所を共有できることなのです。

他人に迷惑をかけず、上手にドッグランを使いたいものですね。